40代からの保育士転職

中年だけど保育士を目指す

保育士が転職できる年齢は何歳までか?

   

保育士が転職できる年齢は何歳までか?

保育士として働いていて、転職を考えることもありますよね。

他に働いてみたい保育園を見つけた、勤務条件がいい保育園を見つけたなど、理由はいろいろありますね。

では、一般的に保育士の転職は何歳までと考えられているのでしょうか。

保育士として働く人の平均年齢は20~30代

保育園の先生方を見ると分かりますが、若い先生が多いですね。年配の先生も見受けられますが、多くは出産の時に育児休暇を取得して、その後復帰された先生のようです。

短大や大学を卒業してから保育士として働き、結婚や出産の際に一度退職される先生が多いようです。

保育士の求人

保育士の求人には、年齢制限が設けられていることがあります。だいたい25~30歳までが多いようです。

公立の保育園では、正職員の保育士の募集を市が行っていますが、20代半ばくらいの年齢制限が設けられていることが多いです。

もし転職を考えるなら、あまり時間はないということになりますね。

また、育児が落ち着いた30代や40代くらいからでも応募できる保育士の求人もありますが、ほとんどがパートや非常勤での採用のようです。

やはり、子供がいると急な体調不良や用事などがあります。でもその時に急に仕事を休むことはできませんね。保育士の勤務はシフト制になっていて、人数にも余裕がないことが多いのです。

そのあたりの事情で、子供がいると正職員としての採用は厳しいのかもしれません。

公立保育園では、早朝だけや夕方だけ、土曜日だけなどの臨時の保育士を募集していることもあります。

また、保育士は新卒者が好まれる傾向があります。まだどこの園の方針にも染まっていないということで、その園に合うように指導しやすいのです。

転職者だと、どうしても前の園の方針を基準にしてしまいがちです。

保育士は体力が必要な仕事

保育士は、とにかく体力が必要な仕事です。

真夏でも真冬でも園庭で子供たちと遊びますし、室内でも子供を抱っこしたり、常に動き回っています。園外保育があれば、下見として山に登ったりすることもあります。

また、1年を通じて風邪や病気が流行っています。保育士が体調を崩して休むわけにはいきませんから、それらに感染しない免疫力も必要です。

こうして見てみると、転職を考えるなら早い時期に決断する方がいいようですね。

 - 求人の探し方 ,